メンバー

代表理事の田中他、以下メンバーでワオンプロジェクトは構成されています

Waonproject is made up of other Tanaka, Executive Director, of the following "comrades"

田面遙華(たづらようか)

毎日書道会会員・浪速書道会理事。そして、ワオンプロジェクトの理事でもある。伝統的な書に新しい感性を吹き込み、書道の枠を越えた表現をする書家。主宰の教室や各地でワークショップを開催し書道の楽しさや奥深さを伝える。書を体で感じ描くをテーマにライブ書道を行う。テレビにも出演。

谷口彩(たにぐちあや)

アートマネージャー、ワークショップデザイナー。2011年、神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 人間表現専攻 博士前期課程を修了。専門分野はアートマネジメント。在学中より関西の美術館ボランティアや看視員、ワークショップやアートイベントの企画/運営など、多様な立場で経験を積む。大学院修了後は、アート系のNPO法人やプロジェクトなどでインターンや事務局スタッフを務める。2015年2月よりワオンプロジェクト理事に。現在はフリーとして、「アート」「越境」「子ども」「学び」「ワークショップ」をキーワードに、社会と芸術文化をつなげることに興味を持ち活動している。

カタヤマアキコ(かたやまあきこ)

クリエイティブアウォード関西第1回目より3年間事務局担当。アサヒアートフェスティバル(AAF)2013-2015参加、同2016選考委員。建築内装系キャリアを活用しつつ、表現活動のきっかけとなる企画やアートマネジメント等に携わる。

まつもとまき(まつもとまき)

『はっち』のフリーペーパー担当。そしてロゴデザインなども担当しています。手づくりのお店ならではの温かみを、ロゴからも感じとって頂ければ嬉しいです。

田中冬一郎(たなかとういちろう)

企画担当。ワオンプロジェクトの設立者として、企画コーディネーター及び営業として活動中。アートマネジメント学会関西部会『幹事』/認定NPO法人サービスグランドAD大阪を変える100人会議『メンバー』としての顔も。

 

須山直哉(すやまなおや)

宝塚造形大学を卒業後、映像作家として様々なユニットで活動した後、アートスペース『アトリエ輪音』に立ち上げ当初から参加。『アトリエ輪音』閉鎖後は各種イベントの総合補佐として裏方的に活躍している。