本と食の物語


毎月1回、定期的に”まちあるき読書会”「本と人の物語」を開催しています。2018年現在は関西各地にて参加者で持ち寄った本を紹介しあった後、作家や作品に縁のある場所やお店を訪れて、作品のより深い理解と参加者同士の交流を深めています。

岡本太郎「南海高島屋・ダンス」→池波正太郎「重亭」→織田作之助「自由軒」→田辺聖子「丸福珈琲」

梶井基次郎「丸善京都本店」→村上春樹「エレファントファクトリーコーヒー」→森鴎外「高瀬川」→森見登美彦「bar moon walk」

堀晃「梅田地下」→池波正太郎「一芳亭」→雁屋哲、花咲アキラ「会津屋」