ワオンプロジェクト?


ワオンプロジェクトは「誰もが主役になれる時代」のキッカケ作りを目的として、2007年からそれぞれに専門分野をもつメンバーがネットワークと発想力をもってサポートしている一般社団法人です。

「主役達の伴奏者」

ワオンプロジェクトはSNSやスマートフォンが普及した現在は「誰もが輝けるー主役になれる時代」と捉えています。ただその実現に必要なのは、それぞれに「物語を創る・語る)」キッカケづくり、そして「成功体験の積み重ね」だとも考えています。その為、ワオンプロジェクトはまず「物語を知る機会」として本屋を、そして読書環境自体を盛り上げる企画をしつつ「物語を創る・語る」企画として公募アワードや映画祭も行い「主役達の伴奏者」として実現を応援しています。

「物語を創る・語る」

ワオンプロジェクトは大阪、梅田にてローカルメディア&シェア本屋「はっち」(2015年11月〜)読書会とカレー、映画のお店「KENKADOU511」(2018年3月〜)の2店舗を運営し「物語を知る機会」を提供している他、毎年開催の「フリーペーパー・オブ・ザ・イヤー」(2017年〜)「クリエイティブアウォード関西」(2013年〜)「読者大賞」「ZINEPARK」「BOOK CLUB AWARD」「スマートフォン フィルム フェスティバル」(2019年〜)といった本や読書、映画の企画を通じて実際に「物語を創る・語る」機会を様々に提供しています。





「日常を丁寧に綴る」

ワオンプロジェクトは社会的な問題の解決とは「問題を誰でもわかる形に分解し」その上で継続的「日常的に丁寧に綴る」事が可能な方向性を示す事だと考えています。ワオンプロジェクトの活動に関心をもった方とか、お気軽に連絡くださいませ。お役に立てる物語を柔軟に提案させていただきます。